2008年03月18日

こんな思いがあるのだけれど

本日はちょっと芸風が違います

芸風と言っても別にグージーさんはコメディアンでも漫才師でもありませんのであしからず・・・
みやちゃんオフ会報告記事のコメントがなぜかpasokon先生とコンビの漫才やってたみたいな・・・だったので・・・笑)

尚、本日は長文になる可能性があるため、時間の無い方はスルーしてください(笑)

ではあらためて

じつは3月18日のゆいまーるぱそこんさんの記事を見て、作文意欲がわいてきました。(文才のない私がデスよ・・笑)
コメントにも失礼ながら書き込ませていただきましたが

いま東国原知事も環境問題、特に中山間地のことに対して施策を述べられております。
ゆいまーるぱそこんさんの記事のように、未植栽地をなくすためにいろんなボランティア事業などで植栽が計られていますね

山林の荒廃→土砂の流出→土石流の発生→浸水や家屋の被害・人体生命の危険→河口付近の水質悪化による水産資源の枯渇

要するに川上の環境悪化が川下にまで連鎖的に影響を及ぼすわけですよね。

ゆいまーるさんの植栽に行かれた所は国有林なわけで、いわば国民の不動産みたいなものですから、事業の計画を立てれば多くのボランティアによって植林がなされるわけです。
是は当然国の責任においてやっていただけなければいけないことです。

今回書こうとしていることは、個人所有の山林のことなんです。

じつはグージーさん個人経営の林業家なんですよ。と言っても専業でやってるわけではないんです。
今は会社勤めしていますが自給できるほどの田畑と、40年前には億万長者になれるだろうと夢みて親の代に植林をした山林を所有しています。
先祖代々の資産を引き継いでいるのです。

ところがデスね、今日本の個人経営の林業は悲鳴を上げています。

中には個人でも立派な経営をしている方々もいらっしゃいますよ(誤解にないように)

人工造林の木材はスギの木やヒノキで苗木を植えてから40年以上しないと建築の材料になりません。
しいたけを栽培するクヌギでさえ20年になってようやく原木となり、しいたけの菌を植え付けて2年後からしかしいたけが発生しないいんです。
原木しいたけは22年以上の命のリレー(原木植栽~しいたけになるまで)で皆さんのお口の中に入っているんですよ

40年ほど前に国の政策で拡大造林をという時代があったんです。スギやヒノキを建築用材として育て上げると言う事ですね。
これは戦後の日本復興のために、家屋の建築をする木材を供給しようとしたわけです。
しかし思いもよらぬ高度経済成長を成し遂げた日本は、経済優先主義の名のもとに安い原料を使って利益を上げる事に走ってしまったわけです。

古来から日本の風土に合った日本のスギやヒノキを使った建築洋式をないがしろにして、安い外材を使った建築に飛びついたわけです。

家の値段はさほど変わりはないので、あくどい越後屋がいるわけですよ。いわゆる中間マージンですな!(国産材を生産している私個人の立場からの表現ですので)

日本の木材事情は国内に40年ほど前から準備していた木材には目もくれず、安い外材を輸入しては消費をする
林家の人は息子や孫の為に40年ほど手をかけて育てた木材を切って資金にしようとしても、安い外材に押されて収入は上がらない

40年の年月を掛けて育てた杉の1本が、何ヶ月かで育つ大根1本の値段と同じなんですよ

この為に大規模な面積を伐採しなくてはならない
伐採後の山を再び植林する資金も、意欲も、後継者もいない状態になっているんです

今まで国や県が何もしてきていないと言う事はないのですよ!
林業振興の為に、補助金(税金)が投入されているのですが、これも絶対的な解決策にはなっていません。
地産地消という言葉はおなじみだと思いますが、日本で生産された木材を日本の住宅に使う=木材の地産地消が非常に重要だと思うわけです。

つまり消費者の皆さんが国産材を使用する事を意識しない事には、問題解決にはならないのです。

木材の地産地消→国産材の価格の安定→中山間地の林家所得の向上→林業経営に意欲→伐採後も再造林をする事が出来る→自然環境を人的に守るための一助となる

食の安全でも同じ事です。安い輸入食材で日本の食卓を賄っていたが為に、国内の耕地面積は減っています。野菜やコメを作っている農家の方も減少しています。
そしてココに来て中国のお粗末な食糧生産事情を見て消費者は敬遠すると、おのずと国産品に集中するが、日本の食糧自給率は4割を割っているんですよ。

国の農政も大臣や族議員のおふざけでなんにもやってないんじゃないの?みたいに思われても仕方ないかな・・これは別として

消費者の皆さんがもっと考えてもらわなくちゃいけないんですよ。
身の回りのちょっとの場所で家庭菜園が出来れば野菜を作ったり、ご近所にお年寄りの方で作れなくなった休耕地があれば、そこで野菜を作ったりする事も大事なんです。
要は限られた国土を有効に効率的に使わせてもらう事が大事なんです。
そして地産地消ですよ


県の荒廃山林に対する予算の方向も、大規模な面積を対象にしているような感があるのですが、そのような所は往々にして企業所有の山林が主で、実際に中山間地に住んでいてその地域を守っている山林所有者には該当しない恐れがあるのではというのが専らの私たちの評価です。

現場に住んで生活していることが地域の文化や伝統、さらにはその場所の地理や地形・代々言い伝えで聞いてきたことをその地の産業に生かす事が出来るものだと思っています。

それを守っていく人たちが、山里にいなくなっている現実が今も進んでいます。急激に!

なんか何を書きたいか分からなくなってきましたのでそろそろ終わります(笑)

とにかく皆さん安全・本物を求めるのであれば一度自分で体験してみる事です。
そしてその過程にどれだけの苦労や時間、そして愛情がかかって安全安心な商品になるのかを


何かグチっぽくなりましたねぇ
本日はお粗末な文章を披露して、文才のなさに気を落としたグージーさんでした(/。\)はぁ


同じカテゴリー(たまに日記)の記事画像
マルチタッチだって
ありがとうございます
はりきって・・・その後マッサージィ
お盆です
ひたすら切る!進む!
大野勝彦美術館
同じカテゴリー(たまに日記)の記事
 マルチタッチだって (2009-02-06 01:11)
 めがねぇ┏◎-◎┓ (2009-01-22 22:34)
 年金特別便(その後はどうなってんのー) (2008-10-07 09:44)
 ありがとうございます (2008-10-06 11:15)
 はりきって・・・その後マッサージィ (2008-09-22 20:12)
 お盆です (2008-08-13 16:16)

Posted by グージー at 20:20 │たまに日記
この記事へのコメント
サクラの祖父も北川で杉山を育ててました

大変だったんでしょうね・・・

今は その山も放置状態のようですし
子供のころ 遊びに行くとおじいちゃんが山でお仕事してる姿が道路から見えていたりしてました。
難しいお話はわかりませんが叔父が継がなかったのもそういうことが理由なのかもしれないですね
きれいに並んだ杉山が懐かしく思い出されました。
Posted by サクラ at 2008年03月18日 21:54
今、グージーさんに話聞いてほしい気分です。
ステキな人がいっぱい居て、泣けてます・・・
そんな方達の芽をつぶしたくない!
私には、何ができるのか?

人って、ホント、素敵です。

グージーさんやダニエルさんなら、わかってくれると思う。

この投稿記事に触れなくて(__)
そこには、私には、個人的に深~い意味があります。
なら、メッセージではなく、あえて、コメントしてるのにも、深~い意味があります。

私、ヤクザな人間なので・・・
Posted by pasokonkonpasokonkon at 2008年03月18日 22:22
こんばんわ。
オイラの少ない脳みそでどこまで理解してるかは微妙なのですが・・・(滝汗)
これを読んで、マスターの店の話を思い出しました。
今オイラの働いている店はログハウスなのですが、
その材料に使われた木材は全てマスターが父親から譲り受けた山の物だとか。
それも、マスターが子供の頃に父親と一緒に植えたものだと聞いてます。
売ることを前提には考えていないので、グージーさんの話とは関係ないのでしょうが・・・
マスターのお父さんも、昔木を植えていた方々と同じ思いで木を植えたのかなぁ・・・とか考えてしまいました。

あ~長くて意味不明なレスですいません(--;)
Posted by みつるみつる at 2008年03月18日 22:58
( ̄□ ̄;)
( ̄□ ̄;)
( ̄□ ̄;)
簡単にコメができない…
勉強なりましたm(__)m
国産のモノとか凄い高級で需要がアルてイメージがありました。
完全に認識不足でした…。
Posted by B-SIZE at 2008年03月19日 00:00
ちょっと、野菜の値段があがっても!?んと、一瞬目くじらたてたりしますが、それを作ってらっしゃるかたの時間と労力を考えたら、それでも安いかなと考えます。

想像力の欠如ですね。
Posted by ゴン at 2008年03月19日 00:17
コメントどうも有り難うございました。
林業をされてる方なんですね
私も同じ「モノ造り」をする人間の一人として
切に感じます。
これからも常に愛情を持って取り組んで行きたいものですね。
Posted by グリンピースグリンピース at 2008年03月19日 11:16
本当にその通りでと思います。
うちの父親は大工ですが、最近は安い
輸入の簡単に出来る住宅が多くて、
昔ながらの、ちゃんとした木造建築の
注文がなくて悔しいって嘆いてます。
祖父は農業をしてるので、本当に物づくりの
大変さは小さい頃から実感してます。

日本人はもう少し、自分の国の物について
大切に感じて欲しいものですね。
Posted by 夏樹 at 2008年03月19日 18:07
うわーっ!
丸1日忙しくてブログ見てなかったらコメントいただいて(感謝)
携帯ではチェックはしてたけど、携帯入力は時間がかかるので;^_^A

>サクラさん
スギやヒノキなどの人工造林は、人が手をかけてやらないと健全な姿(質とか環境に対してとか)にならないんです
そのための年月はとても計り知れないものだと実感してます

>pasokonkonさん
時間差攻撃の返事なのでゴメンさいm(__)m
なにかにお疲れのようにお見受け致しましたが?
ダニエル殿と一献酌み交わしながら、青春時代を懐かしみまするか(^ ^)
グチを聞くのは得意でっせ(笑)

>B-SIZEさん
書いてる本人が何言ってるの?見たいなへーンな文章みたいだから
コメ出来んショ(笑)

>ゴンさん
水と食料・人間にとって生きていくうえで一番大切なもの
一人一人が考えていって欲しいと思ってます

>グリンピースさん
いえいえこちらこそ図々しいコメント致しました。
言葉や文章で思いを表現するのはホント難しい事ですね
気持ちばかりが先走りするものですから
環境・食料の自給は皆さん関心を持ったいただきたいと思います
(えらそうなこと言ってますが・・・失礼)

>夏樹さん
宮崎で生れた方はかなりの割合で、実家やおじいちゃんのお宅が農家だったりするのではないでしょうかね
かなり休耕地があるように思うので、そんなところを借りて
みんなで野菜を作ったりなんて楽しいと思いますけどね
Posted by グージーグージー at 2008年03月20日 10:07
>みつるさん
順番に書いたつもりが飛んじゃってましたスミマセン
マスターのお店はログハウスなんですか。良いですね
しかも自分のうちで育てられた材料で出来てるなんて
今度行ってみないといけませんね
キーワード:新富 ログ喫茶店 自家製ケーキ
さて、これだけで探し当てられるか?
Posted by グージーグージー at 2008年03月20日 10:14

削除
こんな思いがあるのだけれど